mobile ver.

一度も列車が走ることなく廃線
(2005-06-21)

< ページ移動: 1 2 >

画像

 紀左衛門神社から内田橋まで戻り、名鉄常滑線の豊田本町方面へと向かいます。その前に紀左衛門新田周辺を見ておきます。現在の内田橋1丁目から南陽通を挟んで西側、明治1丁目は比較的新しい新田です。いつ作られたものかと言いますと、ズバリその地名のとおり明治時代です。1878(M11)年に小見山峰法が開築した明治新田では、牡蠣、海苔などの養殖が行われ、1902(M35)年に作られた愛知県水産試験場には鯉、スッポン、そして鰻の養魚池がありました。現在、愛知県水産試験場は蒲郡市に移っています。熱田の宮にはひつまぶしで有名なお店もありました。このあたりは鰻と縁の深い地域です。

 国道247号を北上します。そしてUFJ銀行のある角を右に曲がると、1978(S53)年鎮座の豊門神社、そのすぐ南には豊田本町神社があります。そこから250メートルほど南に歩くと、その神社と同じ名前の駅、名鉄常滑線豊田本町駅があります。豊田本町という地名は現在無く、豊田はかつてここにあった豊田村から来ています。豊田本町の駅前には大きな住居兼店舗が建ち並び、遠くから見ると活気があるように見えるのですが、駅前にある「名古屋レジャーランド・モグフーズ・トスカ」という看板は錆びていて、一昔前のゲームセンターのようで人影は見当たりません。まさかここが、東京お台場パレットタウンにある、大観覧車併設のアミューズメント施設と同じ経営者だとは誰も思わないでしょう。ところでモグフーズって何だろうと思ったら、地下の食料品売場のことでした。トスカは1970(S45)年5月にオープンした当時の外観のままのようで、郷愁を覚えます。

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET