mobile ver.

電車もお休み・お昼寝ステーション
(2005-04-12)

< ページ移動: 1 2 >

画像

 いよいよ港区散策も残りわずかとなりました。残すは堀川の東側のみです。どこから散策をスタートするかを地図を見て考えます。大江川河口の北側にある大江町には、港区で唯一の名鉄電車の駅「東名古屋港駅」があります。東名古屋港駅から散策をスタートして、そこから北と南に歩くことにします。名鉄名古屋駅から東名古屋港駅に行くには、名鉄常滑線で大江駅まで行き、築港線に乗り換えて終点の東名古屋港駅まで行きます。築港線はわずか1.5キロの路線です。名鉄名古屋駅から大江駅へと電車で向かいます。

 大江駅に到着しました。東名古屋港行きは5番ホームです。ところが、5番ホームへ行く通路には電気さえも点いておらず行くことができないようになっています。おかしいなと思い、駅の時刻表を見てびっくり。平日は朝7時と8時台、そして午後4時台から7時台までしか運行していないのです。8時27分を逃したら16時14分まで電車はありません。土休日になるとさらに本数が減り、休日に至っては午前は7時15、30、45分と8時00、15分。午後は4時半と5時13分の2本だけ。1日に7本しか運行されません。電車が運行されるのは朝、夕のみでお昼はずっとお休みなのです。理由を調べてみました。この築港線の終着駅である東名古屋港駅付近には工場しかなく、この路線は工場の通勤客しか利用しませんから、朝と晩しか運転していないのです。ということは、午前11時過ぎに大江駅にやってきてしまった私は、5時間電車を待つか、東名古屋港駅まで歩いていくしか無いということです。

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET