mobile ver.

名古屋の水族館にアレがいない!?
(2005-04-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

画像

 ポートビルからポートブリッジを渡って、ガーデン埠頭の西埠頭を歩きます。まずはポートビル周辺から。

 ポートビルの前にはなぜか小さな金鯱のレプリカが2つ置かれています。なぜこんなところに金鯱が...?と見ると、これはかつて名古屋と大分を結んでいた太平洋沿海フェリー(現:太平洋フェリー)の大型フェリー「あるごう」につけられていたバウマーク(船首の飾り)なのです。船首に金鯱をつけるなんて、さすが名古屋のフェリーだと大分の人々は驚いたことでしょう。「あるごう」は1980(S55)年に運航を休止し、転売されてしまいます。しかしこの金鯱は名古屋にあるべきと考えたのでしょう、太平洋フェリーはバウマークを外し名古屋港に寄贈したのです。転売先がこれはいらないから外してくれと言ったのかもしれませんが...。現在「あるごう」は遠くギリシャで現役とのことです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET