mobile ver.

開発によって失ったものと得たもの
(2005-04-12)

< ページ移動: 1 2 >

画像

 あおなみ線荒子川公園駅から、今度はベイシティと反対側となる西側へ歩きます。荒子川公園の北端にかかる善進橋を渡り、2つ目の信号交差点で右斜めの細い路地のよう一方通行の道路に進みます。左側には善北公園、そして右側に善進神明社があります。

 善進神明社は、津金文左衛門が干拓した熱田前新田のうち、この西ノ割の氏神さまとして1801(享和2)年9月2日、荒子川の左岸に勧請したものです。村人の信仰を集め、年中行事がたくさん行われたのですが、不便な場所にあったために大正時代中頃に移転が計画され、そして1925(T14)年10月、現在地へと移転しています。その後、東南海地震で被害を受け、第二次世界大戦では鉄柵を軍事供出され、さらに伊勢湾台風でも大きな被害を受けました。そのままの状態では鎮座200年を迎えられないと、地元の有志が1996(H8)年から2001(H13)年の6年に渡って再建工事を行い、200年という節目を新しい社殿で迎えることができたのです。境内には神社の沿革を示す真新しい碑と、善進町の沿革を記した歴史ある碑が建てられています。毎年秋の大祭では善進町真影流棒の手が奉納され、たくさんの見物人が訪れます。

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET