mobile ver.

推理とロマンに最後のチャンス
(2005-04-12)

< ページ移動: 1 2 >

画像

 百曲街道を東へと中川区地内を歩くと環状線にぶつかりますのでそのまま南下します。今回は競馬場の街、土古(どんこ)界隈を歩きます。

 環状線は、このあたりでは小碓(こうす)通と呼ばれています。観音堂がたくさんあった港区小碓(おうす)と漢字は一緒ですが読み方が違います。わずか1キロしか離れていないので語源は一緒だと思われますが、時代の流れとともに読み方が変わったのでしょうか。その小碓通が小割通になると再び港区に入ります。すると左手には真四角の建物が現れます。愛知県武道館です。

画像
▲愛知県武道館。未経験者は出直して来ーい。

 愛知県武道館は総合武道場として1993(H5)年に開館したもので、約1600平方メートルを誇る大道場のほか、なぎなた、柔道、弓道、剣道それぞれ専用の競技場と、全6競技場を有しています。また宿泊室もあり合宿にも利用されています。一部時間帯では個人でも利用することができ、武道館の講師から指導を受けることもできますが、利用は経験者に限られています。未経験者が門を叩くと「腕を磨いて出直して来い」と追い返されるというわけです。さすが武道。

 愛知県武道館と、悪いものがあるはずがないことを社名が実証している、介護用品レンタルの「ヨイ株式会社」がある小割通1丁目交差点を左に曲がり、市営丸池荘と大西製作所、大西歯科を越えると右側に素盞鳴神社があります。素盞鳴神社は熱田新田の干拓が始まった1647(正保4)年に津島神社の分社として勧請したものです。素盞鳴神社からまっすぐ南に歩いていくと、右側に玄泉寺、左側に12・13番割観音堂があります。この観音堂は他のところと違い、観音像を直に見ることができます。

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET