mobile ver.

市民が選んだ・手間のかかる未来
(2005-04-12)

< ページ移動: 1 2 >

画像

 茶屋新田を南北に走る、市営西茶屋荘の東側の道路を南下します。茶屋新田を越え、1797(寛政9)年に完成した藤高新田に入っても周囲は田んぼのままです。しかし藤高4丁目の交差点を越え、橋を渡り藤高前新田の区域に入ると周囲の雰囲気はガラっと変わります。藤高前新田は、旧南陽町の区域の中で最も遅く1822(文政5)年に完成した新田で、現在の地名は「藤前」です。どう雰囲気が違うのかといいますと、それまでの水田の風景から一転して巨大物流基地になっているのです。藤前の中央には、この地方の物流の大動脈である国道23号線、通称名四国道が横切っていて、道路沿いには藤前流通業務団地が形成されています。また、輸送関係だけでなくメーカーの倉庫も多くあり、頻繁にトラックが行き交います。

画像
▲名四国道。「めいよんこくどう」と呼ばれますが、正式には「めいしこくどう」。

 そんな雰囲気の中で異彩を放っているのが、藤前の西端、日光川沿いに広がる日光川公園・サンビーチ日光川です。ここは市のプールなのですが、よくあるただのプールではなく、総事業費68億円、4年の工期をかけて1995(H6)年にオープンした巨大なプール公園です。波のあるプールに砂浜、アスレチック帆船遊具に、長さ90メートルのウォータースライダーが3基と遊園地のプール顔負けの施設を誇ります。開園しているのは、6月下旬から9月上旬までの土日で、夏休み期間のみ平日もオープンします。プールのすぐ外側には日光川が流れ、渡り鳥たちの姿を見ることもできます。そう、南へ歩くにつれ聞こえてきたのは鳥たちの声です。

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET