mobile ver.

引水と水害の挟間で豊作を願う
(2005-04-02)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

画像

 名古屋市全16区のなかで最大面積を誇る港区。最も距離のある部分を測ると、東西は約9.9キロメートル、南北も約7.7キロメートルに渡って広がっています。南北方向には西から日光川、福田川、戸田川、新川、庄内川、荒子川、中川運河、堀川が流れ、東西方向には名四国道と呼ばれる国道23号線と東海通が貫きます。

 港区は大きく4つに分類することができます。一つ目は、最初に名古屋市に編入された、熱田区と接する部分から稲永にかけての部分で、旧愛知郡小碓村の一部です。編入されたのは1907(M40)年のことです。二つ目が小碓、当知といった庄内川の手前にあった旧愛知郡小碓村の残る部分です。1921(T10)年に編入されました。そして三つ目は庄内川の西側にあった旧海部郡南陽町です。編入されたのは1955(S30)年で、現在も住所が南陽町のままになっているところが多々あります。変わって四つ目は埋立地。大江町や潮見町、空見町、金城ふ頭などです。

 ではそんな広大な港区を、西から東へとひたすら歩きます。港区の最西端、南陽町大字西福田字雁島へとバスで向かいます。地下鉄名港線東海通駅から市バスに乗ります。東海12系統河合小橋行きです。バスは競馬場のある土古、当知を越え庄内川、新川を渡り旧南陽町地内へと進みます。そして戸田川を越えると前方には三重県の御在所岳、竜ヶ岳といった鈴鹿山地の山並みが見え、東海通の両側には広大な田園地帯が広がります。どこか田舎に里帰りしたかのような風景ですが、今乗っているのは紛れもなく名古屋市交通局の市バスですし、港区役所南陽支所が目に入ります。名古屋市内というのも嘘のようですが、港区であることも忘れさせてくれます。東海通駅からバスに揺られること25分弱。河合小橋に到着です。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET