mobile ver.

地元の人と人の心をつなげたい!OverLife地域ラジオコラボ
(2013-10-19)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★愛知北FMで番組をもつOverLifeが県境を越えて登場
★OverLifeの2人はなぜ地元の音楽活動にこだわるのか
★人と人を結び・地元に縁のある音楽を暮らしに

 先日トッピーネットにて「尾張発ギターユニット『OverLife』単独ライブ密着」こちらの記事で取り上げました、尾張を地盤にした活動で活躍の場を広げている2人組ギターユニット「OverLife」。

 以前から活動としては、愛知県にとどまらず、岐阜県、三重県、そして東京・赤坂でのライブに参加するなど、各地で演奏活動は行ってきたのですが、あくまでも地元密着を掲げ、犬山市を中心に尾張北部をカバーするコミュニティFM局・愛知北エフエム放送(まちの放送室)で冠番組をもつ彼らが今回、県境を越えて岐阜県へ。岐阜中濃をエリアとするFMららにゲストとして登場しました。

 10月14日(月・祝)、番組と番組のコラボという形で、地域と局を越えての「オーバーライフスペシャル」を展開。なぜ地域にこだわった音楽活動をしているのか、OverLifeの名前にこめられた思い、どうして鉄道関係の曲が多いのか、たっぷりお話いただくとともに、愛北FMでの彼らのレギュラー番組の様子もレポートします。

写真

FMららにゲストとして登場

 岐阜県可児市にあるFMらら本社オープンスタジオから、毎週月曜お昼に放送している「FMらら・ハローライン マンデーイレブン」は、ネタ系ビジネスワイドショーラジオとして、週のはじめに、地域のビジネスのネタになる内容をお届けしている番組ですが、この日は体育の日で祝日ということもあり、OverLifeの増田翔太さん、丹羽真也さんのお2人を迎えて、地域で頑張るアーティストにスポットを当てた内容となりました。

 まずは活動についてのお話。当サイトでもレポートしました、先月の「初のワンマンホールライブ」の盛り上がりについてのお話から、OverLifeのめざすものが「温かいサウンドとキラキラ輝くパフォーマンス」であり、なおかつ「家族みんなで楽しめる曲」を、そして、「楽器のジャンルの枠を越えた音楽」「表現も枠を越えた驚かせるものを作り出していきたい」など、音楽活動への熱い思いが語られました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET