mobile ver.

三重と岐阜が力を合わせ名古屋に進出-東海ラジオ
(2013-06-20)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★東海ラジオはもともと2つのラジオ局だった
★名古屋地区AMラジオ局の電波の変遷をたどります
★後発局その挑戦の歴史

 名古屋を中心に周波数1,332kHz、50kWの出力で、2,074万人の人口をカバーするAMラジオ局・東海ラジオ放送。

 その東海ラジオが昨年から半年以上にわたって、一部深夜の放送を休止しての工事を行っています。この工事は「送信空中線の耐震補強」「送信機の更新」「送信新局舎の建設」の3本立てで、名古屋では唯一、開局以来同じ送信所、送信局舎を使用し続けてきた東海ラジオにとって、開局以来の大工事となっており、53年間に渡って東海ラジオの放送を送り届けてきた送信局舎とのお別れとなります。

 そんな東海ラジオの七宝送信所を取材させていただくことができました。まもなくお別れとなる東海ラジオの送信所局舎にお邪魔させていただきます。

 その前に、東海ラジオの特殊な経歴を振り返ります。

写真

10kW時代と送信場所が変わらないのは東海ラジオだけ

 名古屋には3つのAMラジオ局があります。729kHz・50kWの第一放送と909kHz・10kWの第二放送をもつNHK名古屋放送局、1,053kHz・50kWのCBCラジオ、そして1,332kHz・50kWの東海ラジオ放送です。各局の電波送出の歴史を振り返ってみましょう。

写真

 NHK名古屋はかつて、1929(S4)年より緑区の桶狭間ラジオ放送所から出力10kWで電波を出していましたが、周囲が住宅地となってしまい、50kWの増力をすることができず、1983(S58)年12月22日に弥富町(現・弥富市)の鍋田ラジオ放送所へと移転して、ようやく増力を果たしました。そのため、50kW化は民放より12年も遅れる格好となってしまいました。

写真

 桶狭間ラジオ放送所は、2009(H21)年までそのままの姿で残されていましたが、売却され、今は住宅地に姿を変えています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET