mobile ver.

ちぎられた電線...本州で一番電波が飛んだFM局の末路
(2012-02-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

★名古屋のFM局のアンテナはどうなる
★かつてもうひとつ名古屋にはFM局があった
★電波が飛びすぎて...電波が飛んだのに...

 前回「名古屋のもうひとつのテレビ塔はどうなるの?」では、中京テレビの放送センター「東山タワー」を取り上げました。

 中京テレビとテレビ愛知がアナログテレビ放送の電波を発射していた「東山タワー」。アナログテレビの電波を発射するという役目を終えたものの、現在もそこから、NHK名古屋FM放送、FM AICHI、ZIP-FMが電波を発射しています。

 しかし、中京テレビが本社の移転を発表。東山タワーの存続がどうなるのか...というところで思い出したのです。そう、名古屋には、もっと電波の飛ぶ、別の場所から電波を出していたFM局があったのです。あそこから電波を出せばいいのではないでしょうか!ところが、そこには...。

写真

地上デジタル放送の電波が最初に発射されたのは...

 名古屋市内から北東へ。地上デジタル放送の電波が発射されている、瀬戸デジタルタワーを越えて、さらに北東へ。瀬戸市と岐阜県土岐市の境にある三国山へと向かいます。

 標高701メートルの三国山。一時期は2つのFM局が電波を発射し、地上デジタル放送の実験電波も発射されたところです。しかし今は、放送に関する電波は一切発射されていません。なぜ、発射されていないのか、ひとつずつ見ていきましょう。

 三国山から、放送にまつわる電波が最初に発射されることになったのは、1999(H11)年4月1日のことでした。「通信・放送機構(TAO)東海地上デジタル放送研究開発支援センター」による実験施設が置かれることになったのです。現在も、その送信タワーは残されています。

写真

 この施設「東海地上デジタル放送研究開発用共同利用施設」の概要を見てみましょう。名古屋市西区城西の名古屋送出センターから、STLによってこの三国山送信所へとデジタル実験の放送内容が送られ、ここから1kwにてデジタル放送実験の電波が発射されました。この三国山が本局という扱いでした。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

コメント(17)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET