mobile ver.

テレビ愛知大高中継局開局へ!愛知の地デジ完成!
(2011-02-25)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★最後の中継局・大高中継局いよいよ開局
★もう「電波が弱い」なんて言わせない!?
★大高だけ向けじゃないよね?

 7月24日のアナログテレビ放送終了に向けて、急ピッチで地デジ電波環境の整備が進められていますが、特に、これまで各地で受信障害問題を抱えていたテレビ愛知は、他のテレビ局よりも対策に力を入れてきました。

 そんなテレビ愛知の、いや、愛知県の地デジ中継局整備の大トリとなる「大高中継局」が、計画からかなり遅れてようやく開局すると聞き、早速現場へ急行しました。あれ?ここって大高?

写真

そんなところに建ったのね

 トッピーネットでは今年の初め、次々と整備されるテレビ愛知の中継局を追いました。しかしです。当初は2010(H22)年11月に開局という計画があった大高中継局について、場所を特定するには至りませんでした。

山海・大高・幡豆・赤羽根・本宿-続々開局テレビ愛知

 結局、建設されたのはなんと大府市と豊明市の市境。工業地域と住宅地域に挟まれた空き地で、一見すると標高もそれほど高くないような感じを受ける場所でした。最初の印象としては「なぜこんなところに?」と思ったのですが...。

 周囲をよく見渡すと、その工場の奥に見える大高地区の低いこと。また、近くの大府市地内にはドコモの大きなタワーがあることから、電波の飛びが良い場所であることが理解でき、逆に、ズバ抜けて標高が高いわけではなく、それでいて効果的な場所という、かなり戦略的な置局の仕方をされているような気がしました。

 インターネット上にある、とある、妄想が書き込める百科事典には、設置場所は「緑区大高町」と書いてありましたので、特に放送ネタにおいて、あの百科事典がいかに妄想かということが、また一つ証明される事例になりました。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(6)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET