mobile ver.

ぎふチャンがいよいよ愛知県から電波を発射!
(2011-01-21)

< ページ移動: 1 2 3 >

★あのぎふチャンこと岐阜放送が愛知県から電波を発射
★はい、出オチです
★でも嘘ではありません

 ぎふチャンこと岐阜放送といえば、キャッチフレーズは「ぎふ100%」、さらに、本局の電波を岐阜市から発射することにこだわった結果、愛知県には電波が飛ばず、名実ともに岐阜県民のためだけの放送局として知られています。この地方の放送マニアの間では古くから「川を越すに越されぬ岐阜の電波」という格言が語り継がれています。

 なんと、そのぎふチャンが、とうとう愛知県に進出したのです。愛知県から電波をし始めたのです!すわ、岐阜新聞・岐阜放送グループによる名古屋への進出か、中日グループへの挑戦状か?

 なーんて...そんな大きな話題にするような内容の話では無いことを最初からお詫びしておきます。はい、出オチなネタです。でも、ぎふチャン(岐阜放送)が愛知県から電波を発射するようになったこと自体は本当です。

写真

その電波は12月3日から発射された

 ぎふチャンにとって初となる、愛知県からの放送が始まったのは、昨年12月3日のことでした。地デジの試験放送が開始され、12月20日より本放送が始まっています。

 その場所は、愛知県犬山市大字栗栖。そう、あの桃太郎神社があるところです。ぎふチャンはここから出力0.05w、32チャンネルで地上デジタル放送の電波を発射し始めたのです。

 とうとう、あのぎふチャンが愛知県に進出です!あれ?でも、出力は0.05w?カバー世帯は約440世帯...随分規模が...。

写真

場所は愛知県ですが...

 その中継局の名は「鵜沼宝積寺中継局」。あれ?鵜沼?鵜沼って対岸の岐阜県各務原市だよね?

 そうなんです。この鵜沼宝積寺局、設置場所は犬山市なのですが、放送対象地域は川の向こう側。岐阜県各務原市鵜沼宝積寺町なのです。

 つまり、川の東側に設置されてはいるものの、西側の集落に向けてのいわゆる「域外中継局」というわけです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET