mobile ver.

突如・知多内海中継局-計画に無かったものがいきなり!
(2010-01-05)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

<3回シリーズ>テレビ愛知2010年・地デジ10チャンネルのリベンジ!の3回目です。まずは第1回「犬山南中継局-テレビ愛知にとっては超重要局」からお読みください。

 初回は、犬山南中継局の設置によって、岐阜県境の尾張北部におけるテレビ愛知地上デジタル放送の受信環境が一変するというお話を、そして前回は、新設の常滑中継局の設置によって、知多半島中央部と碧南市をしっかりとテレビ愛知がカバーできるようになったというお話をしました。

 ここで問題なのが、知多半島南部です。しかし驚くべきことに、当初「地上デジタルテレビ放送中継局ロードマップ」には乗っていなかった計画が突如現れ、いきなり工事着工となっているのです。テレビ愛知の底力、見せてくれます!

写真

計画は全く無かった

 常滑中継局はデジタル新設局ですが、これまで知多半島に、アナログ放送の中継局が全く無かったわけではありません。

 知多市に「知多南粕谷(0.1w)」、美浜町に「美浜河和(民放1w・NHK0.5w)」、そして南知多町に「知多内海(1w)」と、3つの中継局があり、このうち前者2つからはNHKと民放全てが、知多内海からはNHKのみが電波を発射していました。

写真

 しかし、デジタル放送では常滑中継局が当初から設置の計画となっていたのに対し、知多南粕谷、美浜河和、知多内海については名古屋局(瀬戸)にてデジタル対応が可能として、デジタル中継局は置かれないことになっていました。

 ところがです。

写真

異例のスピードで計画登場

 昨年突如、知多内海中継局について、NHK名古屋とテレビ愛知に限って「デジタル置局」に総務省の計画が変更され、開局時期も2010年3月と発表されたのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET