mobile ver.

常滑中継局新設!-テレビ愛知の西三河難視聴も解消
(2010-01-05)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

<3回シリーズ>テレビ愛知2010年・地デジ10チャンネルのリベンジ!の2回目です。まずは第1回「犬山南中継局-テレビ愛知にとっては超重要局」からお読みください。

 前回は、犬山南中継局の設置によって、岐阜県境の尾張北部におけるテレビ愛知地上デジタル放送の受信環境が一変するというお話をしました。続いては、知多半島と西三河の状況を見ていきます。

 昨年、東海市のケーブルテレビ局のチラシにこのような記述がありました。

「アンテナ受信の場合はこんな点が心配かも...当エリアにおいてテレビ愛知の電波が弱く、受信に影響が出る地域が一部ございます。」

 そんな知多半島に設置されることになったのが常滑中継局です。常滑にはこれまでテレビの中継局は無く、全くのデジタル新局ということになります。もちろん、さっそく見に行ってきました。

写真

知多半島は映らないことになっていた

 まずは、デジタル放送推進協会発表による、テレビ愛知の名古屋本局(瀬戸デジタルタワー)デジタル放送エリアを再び見てみます。

写真

 このように、知多半島の西半分はエリア外となっており、また、瀬戸から距離のある西三河の一部において、受信が困難な場所があると言われていました。

 知多半島については、特にセントレアがエリア外になっていることで、空港での待ち時間にワンセグでテレビ愛知を楽しむことができず、さらには、名古屋の空の玄関口をエリアに収めることができていないのは、イメージとして充分致命傷でした。

 そのセントレアをカバーするようにと、至近距離に設置されるのが常滑中継局なのです。

写真

NHKよりも飛ばすテレビ愛知

 同じく、デジタル放送推進協会発表による、テレビ愛知の常滑中継局デジタル放送エリアを見てみますと...。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

コメント(11)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET