mobile ver.

CBCラジオが1ヶ月間深夜放送休止...現場見てきました
(2009-02-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

「オールナイトニッポン」。ラジオの深夜放送と言えば、真っ先にこの番組を思い浮かべると言っても過言では無い番組です。名古屋でも多くの人が聞いていらっしゃると思います。しかし今月、名古屋ではこの「オールナイトニッポン」が一切放送されていません。

 名古屋でオールナイトニッポンを放送しているのは、TBS系列(JRN)のCBCラジオ(中部日本放送)。

 いつものように、午前1時にラジオのダイヤルをCBCに合わせても、ノイズ...いや、明らかに日本語ではない言語しか聞こえてきません。しかし朝になれば、いつものとおり生島ヒロシさんが登場するのです。一体CBCラジオに何が起きているのでしょうか。

 実は、1ヶ月という長きに渡り、CBCラジオは深夜放送自体をお休みしているのです。一体なぜ...もうそれは、現場を見に行くしかないでしょう

写真

こんな大規模な放送休止は異例

 AMのラジオ放送は、極端に貧乏な放送局を除いて基本的に24時間放送が実施されています。ただし、ほとんどの放送局は日曜の深夜だけ放送をお休みし、その間に電波を送り出す設備である送信所の点検したり、工事をしたりします。たまに大掛かりな工事となりますと、その日曜深夜の放送休止時間が長くなることがあります。

 しかし、今回のCBCラジオの放送休止期間は異例の1ヶ月間。2月1日から28日までの間、午前0時から4時までの放送を全てお休みしているのです。

 プレスリリースによると、「三重県桑名市のラジオ送信所の改修工事に伴うもの」とのこと。CBCラジオは、スタジオは名古屋市にありますが、メインの電波は桑名市にある送信所から発射されています。

 これは尋常な工事ではないはず。!。ここでひとつの不安がよぎりました。それは、AMステレオ放送の処遇です。

写真

この工事...まさか...

 AMステレオ放送とは、1992(H4)年にスタートしたものです。しかし、多くの人は「え?AMラジオにステレオがあるの?」と思われるかもしれません。それもそのはず。わが国では16の民放ラジオ局が導入するものの、NHKが導入しなかったことが仇となりました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(17)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET