mobile ver.

「伊賀は関西」が認められた?伊賀と名張の放送事情
(2009-01-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 トッピーネットでは3年ほど前、三重県の伊賀地方が抱える地上デジタル放送にまつわる問題を取り上げたことがありました。

「今までが偶然だった」名張は名古屋圏?(06.03.26)
なぜ東海地方にならないといけないの?名張市(06.05.17)

 三重県の伊賀市・名張市からなる伊賀地方は、関西との結びつきが強く、大阪のベッドタウンとなっている地域もあり、これまでアナログ放送では、大阪のテレビ放送を見るのが当たり前でした。しかし、地デジになると大阪のテレビは見られず、名古屋のテレビ放送を見ることを強いられるという問題が起きている...というレポートをいたしました。

 あれから時は流れ、地元の人が嬉しがる大きな動きがあったということで再び伊賀へと取材に行ってきました。しかしそこで新たな問題が発生していたのです。伊賀と名張の放送施設を巡りながら、伊賀が抱える独特な放送事情について再び取り上げます。

写真

NHKが流しているのは

 伊賀地域で初めて放送というものが開始されたのは、1942(S17)年10月のこと。「NHK上野放送局」のラジオ放送が開始されたのです。現在も「NHK上野ラジオ中継放送所」と名を変え、伊賀市上野桑町より、伊賀地方の約5万世帯に向けて(1,161kHz・100w)ラジオ第一放送の電波が発射されています。

 かつて記事に書きましたとおり、法律上三重県は、名古屋を中心とする「中京広域圏」に含まれるため、この上野ラジオ中継放送所から流されているのは、「名古屋第一放送」です。

 では、民放のAMラジオはどうかといいますと...。

写真

最初に登場したのは「ラジオ三重」

 実は戦後、この伊賀を巡って大阪と名古屋で綱引きが行われるのです。1951(S26)年、大阪に朝日放送(ABC)ラジオが開局すると、ABCはこの伊賀地域への中継局設置を計画します。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(46)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET