mobile ver.

デジタルでは見られない!?出張!なんでも鑑定団in小牧
(2008-08-24)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 テレビ東京の看板番組「開運!なんでも鑑定団」。その出張鑑定コーナーの収録が小牧市で行われるということで、「出張!なんでも鑑定団in小牧」の観覧に行ってきました。

 今回は小牧青年会議所の主催で、鑑定も観覧も小牧市民を対象としたものだったのですが、幸運にも観覧することができましたので、テレビ東京の株主の端くれとしてレポートしたいと思います。

 全国ネット番組の収録ということで、どんなものかと興味津々だったのですが、すごく勉強させられた部分と、妙にアナログで驚かされた部分と両極端な印象でした。そしてその収録が行われた桃花台では、この番組がアナログでしか見られない!?という現実も...。

写真

さすがテレ東イチの人気番組

 小牧市で鑑定団の収録があると聞いたとき、小牧の中心部での収録かと思ったのですがそうではなく、東部に広がる新興住宅地「桃花台ニュータウン」にある、小牧市東部市民センターという、桃花台のアピタの向かいにある施設での収録でした。それには理由が...。

写真

 さすがテレビ東京の看板番組です。しかも愛知では鑑定団の視聴率が高く大人気。観覧定員600人に対して、3000人分の応募があったとのこと。競争率は5倍。すごいですね。さらには、この日鑑定が行われたのは6人だったのですが、それに対して300通もの応募があったそうです。こちらはなんと50倍。

 本当に大人気です。とはいえ会場を見渡しますと、私と同世代の人はほとんど見かけませんでしたね。鑑定団の視聴者層がよくわかりました。

写真

なぜなぜ?桃花台?

 まずは主催者である、小牧青年会議所からの挨拶です。この出張!なんでも鑑定団の収録は、小牧山をライトアップする「小牧山ランドマークフェスタ2008」というイベントの一環として誘致したものだそうで、会場に桃花台を選んだのにはふたつ理由があるというお話がありました。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(6)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET