mobile ver.

ABC朝日放送新社屋稼動開始...さよなら大阪タワー
(2008-07-01)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 テレビの完全デジタル化に向けて、古いアナログのシステムの改造には限界があるのか、思い切ってフルデジタルに移行した方が早いからなのか、それともただのキッカケにしているだけに過ぎないのか、会長が移転すると決めたから誰も文句を言えない社風だからなのか...。各局それぞれに様々な思惑があるのでしょうか、ここ数年で、新しい社屋に移転するテレビ局がたくさんあります。

 名古屋周辺でもCBC、東海テレビ、メ〜テレ、そしてぎふチャンが新社屋へと移転しましたが、大阪ではこの6月23日に、朝日放送(ABC)が新社屋からの放送を開始しました。

 さっそく、新社屋に移行したばかりのABC・朝日放送へと行ってきました。

写真

ロゴを変える大英断

 大阪のテレビ局といえば、先に移転した毎日放送や関西テレビなどを見ても、奇抜だったり洒落ていたりと、ただの普通のビルのような面白みの無い名古屋のテレビ局とは違って、社屋そのものにアイデンティティを感じることができるデザインになっていることが多いものです。端的に言うと「名古屋と違ってセンスがある」です。

 阪神電鉄で阪神福島駅へとやってきました。ここからは、ABCの旧社屋・新社屋ともに近く、両方への案内看板が設置されていました。

 その看板にはさっそく、アクサダイレ...じゃないや、ABCの新しいロゴが。

 最近、テレビ局はロゴをコロコロ変える風潮がありますが、ABCは一度マイナーチェンジをしているものの、これまでのロゴは、まだテレビがTBS系列だった30年以上前から使われてきたもので、略称を前面に出しているABCにとっては、ロゴが局イメージそのものであり、今年1月1日からのロゴ変更は、かなりの大英断といえます。

写真

水都OSAKAとの調和

 ABCの新社屋は堂島川のほとりにあります。この街の再開発プロジェクト自体が、水都大阪の再生をコンセプトとしていて、そのなかにあるABCの社屋は、川と空に向かって開かれた広場というイメージで、木目や緑があふれ、環境と対立しない建物となっています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(17)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET