mobile ver.

これはおいしい!「ぎふチャン弁当」...その真の狙いは?
(2008-06-20)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 穀物高、原材料高、燃料高でにわかに注目されている地産地消。地元の食材を地元で食べることで、輸送に係る二酸化炭素排出削減にもつながり、さらには自給率アップにつながることも期待されています。

 流通大手のセブン&アイホールディングスは、農業に本格参入するなどその方向に特に力を入れていて、ここ最近はあちこちの県で、各県でとれた食材を盛り込んだ弁当などを各県限定で販売するというキャンペーンを行っています。

 それがこのたび、岐阜県で展開されることになりました。しかし、セブンイレブンが岐阜県に進出したのはわずか2年半前のこと。そんな岐阜県で、セブンイレブンが単独でキャンペーンを張ったところで周知力はイマイチです。そこで、岐阜県で「県内最強の媒体力」を誇るあの会社に協力を求めたようですが、その真意は果たして?

写真

まさにこれは総力戦ですね!

 岐阜県内限定弁当を発売するにあたって、セブンイレブンが協力を求めたのは、あの「ぎふチャン」の岐阜放送。岐阜放送といえば岐阜新聞グループ。岐阜放送と提携するとなれば、岐阜新聞も徹底的なバックアップ体制となるのは明らか。いきなりそれが如実に現れました。

 弁当の名は、岐阜放送の愛称をそのまま採用した「ぎふチャン弁当」。6月17日から2週間の期間限定で販売されています。

 岐阜放送の番組で大々的にアピールされるとともに、発売からわずか2日後の岐阜新聞には「連日売れ行き好調」の文字が躍ります。岐阜放送・岐阜新聞にとってこれは総力戦です。

 ただ、岐阜放送・岐阜新聞を味方に付けてしまった以上、中日新聞系での露出はゼロになってしまうのが諸刃の剣。

写真

さっそく買ってみましょう!

 前置きはこれくらいにしておきまして、さっそく買いにいきます。ぎふチャン弁当は岐阜県内のセブンイレブン63店舗と、イトーヨーカドー2店舗で発売されていますので、セブンイレブンへ。

 すると店先には手書きのポップがあり、「売ってなかったらどうしよう」という不安を払拭してくれました。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(8)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET