mobile ver.

日本初・コミュニティFMの新しい形−トランスアメリカ
(2007-01-30)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 この「トッピーの放送見聞録」では、名古屋市周辺にあるコミュニティFM放送局について取り上げたことがありました。コミュニティFMとは市区町村単位で放送するFM局で、その名の通り地域に密着した放送を行っています。全国には200を越える放送局があるのですが、そのなかに一つだけ、放送内容を一新し、在日ブラジル人に目を向けた放送局があります。名古屋市中区を放送対象地域とする「トランスアメリカインターナショナル放送」です。

 かつては「DANVO」という局名で、広域局に準じた放送内容だったのですが、昨年大きな動きがあり、番組編成だけではなく、放送局の愛称や番組製作体制がガラリと変わってしまうという大転換がありました。DANVOからトランスアメリカへの移行という事例から、コミュニティFMの「限界」と「可能性」を見ていきます。

写真

 中区大須。ゲインビルの2階にその放送局はあります。正式社名は「名古屋中エフエムラヂオ放送」。出資者には同じビルにある月刊Kellyを発行しているゲインや、サンデーフォークなど地元の有名企業が名を連ねています。1998(H10)年5月の開局時や、2000(H12)年4月の20w増力時などには大々的に広告が打たれ、名古屋有数の繁華街である大須に構えた本社の壁にも大きく「DANVO わっと驚く20ワット」とディスプレイされ、ラッピングバスも走らせるなど、FM AICHIやZIP-FMなどの県域局と同じように派手で大胆な広告戦略をとっていました。

 県域局のようだったのは広告だけではありません。編成もコミュニティFMとは思えない充実ぶり。若者にターゲットを絞り、朝7時から深夜3時まで全て自前の番組をラインナップ。名古屋地元のタレントから、吉本興業所属の芸人、さらには高校生や大学生までもが出演するというバラエティ色豊かな編成となっていました。地の利の良さからエリアも広く、名古屋市中区どころか郊外の周辺都市でも聞くことができ、中区のコミュニティFMというよりは、AMとFMの中間にあたる新しいスタイルの「名古屋の放送局」ができたという印象で、聴取者としてはまさに理想のコミュニティFM局に見えました。

 当時私は大学を卒業して就職したばかりで、自分の所属していた大学のサークルの後輩たちがDANVOに出演しているのを聞きながら、その環境をうらやましく思ったものです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET