mobile ver.

金沢でも全局デジタル放送スタート
(2006-11-27)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 2003(H15)年12月1日に東京、大阪、そして名古屋でスタートした地上デジタル放送。それからまもなく3年が経とうとしているこの10月、ようやく中部地方全てのテレビ局(親局)で地上デジタル放送がスタートしました。そのうちのひとつ石川県では、ほとんどの放送局が7月からデジタル放送を開始していたのですが、それから遅れること3ヶ月。北陸朝日放送の開始により全局がデジタルハイビジョンで見られるようになりました。石川県では、金沢市観音堂町からデジタル放送の電波が発射されています。今回、運良く近くを通りがかる機会がありましたので見てきました。

写真

 名古屋のような特殊な事例を除いて、デジタル放送はUHFの電波を使用するために、それまでアナログ放送のUHFの電波が出ているところからデジタルの電波を出すという場合がほとんどです。そうすることによって、視聴者はそれまでのアナログ用UHFアンテナでデジタル放送を視聴することが可能で、アンテナを増設することなくデジタル放送を楽しむことができます。金沢もそうなっています。

 これまで、金沢地区のUHFの電波は2本の鉄塔から発射されていました。金沢市観音堂町にある石川テレビ併設の「石川テレビ放送・テレビ空中線送信鉄塔」から石川テレビ(37ch)が送信され、そしてテレビ金沢(33ch)と北陸朝日放送(25ch)は石川テレビ近くの同じく観音堂町にテレビ金沢が設置したタワーからの送信となっていました。VHFであるNHK金沢と北陸放送は野々市町からの送信であったため、このあたりの家庭のアンテナは、VHF1本が野々市町、そしてUHF1本が金沢市観音堂町に向けられています。

 国道8号沿いで1軒だけ、UHFのアンテナを2本、この観音堂町に向けている家がありましたが、両タワーの間の距離はわずか250メートル。1本のアンテナで綺麗に受信できると思います。悪徳電器店に騙されたのか、それともかなりのこだわりがあるのか...。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET