mobile ver.

本気でやってるから聞いていて楽しい−RADIO-LOVEAT
(2006-10-24)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 今年7月、この放送見聞録では、犬山市に新たに開局したコミュニティFMを取り上げたことがありました。コミュニティFMとは市町村単位で放送するFM局で、1992(H4)年に郵政省(当時)が制度化したものです。名古屋近郊にはその犬山が開局する以前からたくさんのコミュニティFM局があるのですが、その中で、今年開局5周年を迎えた豊田市のエフエムとよた「RADIO-LOVEAT(ラジオ・ラブィート)」を取材する機会に恵まれました。開局以来続くという、学生の企画制作による番組を見せていただいたのですが、自分の学生時代を久々に思い出すこともでき、個人的にもとても刺激的な時間を過ごすことができました。自動車産業の街、豊田市のラジオ局について今回はレポートします。

写真

 RADIO-LOVEATは、豊田市のケーブルテレビ局「ひまわりネットワーク」が中心となって設立されたコミュニティFM局で、2001(H13)年1月1日に開局しています。本社、スタジオともにひまわりネットワークの社内の一角にあり、電波も屋上から発射されています。周波数は78.6MHz、出力は20wで旧豊田市と三好町、そして周辺市町村の一部をカバーしています。この旧豊田市というのがポイントで、豊田市は2005(H17)年4月1日に6町村を編入合併し、愛知県で最も大きな自治体となったのですが、さすがにその面積全てをカバーするには至っていませんので、エリアは「旧豊田市」のままというわけです。電波はこの本社からの20wのほか、野口中継局から0.1wでも発射されています。24時間放送で、そのうち午前7時から深夜1時までのほとんどが自社製作の番組となっています。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(8)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET