mobile ver.

メリ夫に託された使命−いつの日か仲間と
(2006-10-11)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 月曜から木曜の朝8時、テレビ愛知で放送されている「メリおっと!たいそう」。幼稚園児たちと一緒に体操をするのは、エコちゃんとたいそうマン、そしてスナメリのメリ夫。メリ夫というそのネーミングセンスと単純なデザインには脱帽。「海をきれいにしたいメリ〜☆」と何でも語尾に「メリ〜☆」をつける彼を見ると誰もが脱力してしまうことでしょう。別の記事で触れましたが、彼はテレビ愛知のマスコットキャラクターではありません。それはなぜか。実は彼には大きな使命が課せられているのです。まずはメリ夫の驚愕のプロフィールをご紹介しましょう。

写真

 メリ夫公式サイトにあるメリ夫のプロフィールを見ますと、彼はイルカの仲間であるスナメリであり、1歳になったばかりだということがわかります。泣けるのがその生い立ちです。「お父さんはビニール袋を食べて死んだ。」「お母さんと暮らしていたが海がにごったためにはぐれた」「現在迷子」なのです。そのビニル袋が散乱し、にごった海はどこなのかといえば「三河湾」です。現在はエコキャンペーンのキャラクターとして三河湾をきれいにする活動を進め、いつかお母さんとの再会を夢見ているのだそうです。泣かせます。

写真

 かわいい声、振る舞いとは裏腹に、メリ夫には悲しい過去があるのです。しかし、親とはぐれた1歳になったばかりのそんなメリ夫がなぜ明るくいられるのかと言えば「尊敬するキャラはガチャピン」だからなのでしょう。彼は頑張って明るく努めているのです。なぜなら、子どもたちにきれいな海の大切さを伝えたいからです。昨年地元の愛知県で開催された愛・地球博でもメリ夫は大活躍しました。自然の叡智という愛・地球博の理念はメリ夫とリンクしたのです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(1)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET