mobile ver.

これまでに無いタイプのラジオ局を目指す−犬山
(2006-06-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 犬山市にコミュニティFM放送局が開局するという話を聞き、しかもそれが、どうもこれまでのラジオの概念とは違うコンセプトのようだということで、ラジオに詳しい「KAZ Communications」のA氏と二人で早速取材に行ってきました。

 犬山市は、名古屋の北にある愛知県最北端の都市です。北側には日本ラインと呼ばれる木曽川が流れます。河畔には白帝城という別名を持つ国宝の犬山城があり、お城から南側へは城下町が形成されています。年に1度行われ、国指定無形重要民俗文化財ともなっている「犬山祭」では、県の有形民俗文化財に指定されている13台の車山が街を練り歩き、からくり人形が舞い踊ります。その他、明治村、リトルワールド、モンキーパーク、お菓子の城といったテーマパークや、日本ライン下り、木曽川うかいといった体験型観光プランと、犬山は多彩な顔を持つ観光都市なのですが、そのなかで今、この犬山城の城下町が大きく生まれ変わりつつあります。古くからの城下町なのに「生まれ変わる」とはどういうことなのでしょうか。

写真

 犬山城から南へ、一方通行の細い一本の道路があります。道の両側には昔ながらの建物がずらりと並び、道路は拡幅されることなく昔ながらの風景が広がります。福祉会館から本町交差点までの間には、国の登録有形文化財となっている町家の旧磯部邸や、祭りの車山を保管しておくための本町車山蔵などがあります。でもそれだけではないのです。この城下町では、空き家になってしまった古い建物を改修して店舗にする活動を行っているのです。空き店舗や空き家をデータベース化し、まちづくり会社が仲介となり、古い建物を生かしながら、そこに新しいものを受け入れることで、活性化しようという試みがなされているのです。

 中心市街地を活性化することは、犬山市にとって大きな課題です。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(9)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET