mobile ver.

テレ東も若手女子アナをそう扱うようになったか...
(2006-05-21)

< ページ移動: 1 2 >

 私は昔からいわゆる「てれとまにあ。」でして、テレビ東京およびテレビ愛知をよく見てきました。最近まで、このサイトでもテレビ愛知の歴史を紐解くコンテンツを公開していました。(現在は内容見直し中で公開していません)というわけで、少しだけテレビ東京の株を持っていまして、先日株主優待の現品と案内が届きました。いつものとおり「にっぽんの歌」公開生放送観覧招待の案内と、500円のクオカードが届いたわけですが、そのクオカードの説明書きに「テレビ東京も変わったものだなぁ」という印象を抱かずにはいられませんでした。

写真

 届いたクオカードには、テレビ東京のロゴマークと、大竹さん、亀井さん、松丸さん、滝井さん、以上4人の女子アナが映っていまして、説明書きには「当社若手アナウンサー4人による、株主優待としてのみ制作した特製クオカードです。」とあるではありませんか。若手女子アナを売りにするようなテレビ局に変わりつつあるとは感じていましたけど、こう来ましたか...。昨年も女子アナのクオカードが優待だったことがありますけど、その時は若手を前面に押し出したものではありませんでした。佐々木さん、大橋さん、大江さんでしたから。

 何を私が言いたいのかといいますと、まあこれは私の勝手な思いなのですけれど、昔のテレビ東京の女子アナというのは、知性の塊という印象だったのですよ。他局の女子アナのようにチヤホヤされることを望まず、高い志を持って常に向上心を抱いている知性派という印象に好感を持っていました。土川さんとか田口さん、そして現在もニュースを担当していらっしゃる槇さんなどなど。まあ、元々私には女子アナの容姿自体にはそれほど興味が無いという要素もありますけどね。

 ここ最近、女子アナの扱いに限らずテレビ東京は妙に背伸びをしている気がしてなりません。他のキー局の真似事をしている印象が強くなりつつあります。90年代初頭のように、「金は無いけどアイデアはある」というテレビ東京に戻って欲しいと願いつつも、時代はそれを望んでいないというのもわかります。なので私はここ最近、ニュースを除いては昔ほどテレビ東京の番組をそれ程見なくなってしまいました。といってもそれなりには結構見てますけど。

< ページ移動: 1 2 >

コメント(11)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET