mobile ver.

「今までが偶然だった」名張は名古屋圏?
(2006-03-26)

< ページ移動: 1 2 3 >

 前回、三重県の名張市に行ってきたというお話をしましたが、その際にひとつの新聞記事を見せていただきました。21日付けの朝日新聞伊賀版にあった「伊賀で関西のテレビが見られなくなる」というものです。名張市は大阪の通勤圏で、大阪のベッドタウンとして人口が増加してきたというお話を前回したとおり、大阪からやってきた人がたくさん住んでいますし、古くから名張に住んでいる人も買物や通勤で大阪・奈良方面に出かけることが多いといいます。新聞のテレビ欄も大阪のテレビ局が大きく載っていますし、もちろん普段から多くの人が大阪のテレビを見ているのです。しかしこの「大阪のテレビを見る」ということに、ストップがかかるかもしれないのです。それはなぜなのでしょう。

写真

 名張市は大阪のベッドタウンとはいえ、三重県です。三重県は放送の区分で言うと「中京広域圏」に含まれます。中京広域圏とは名古屋を中心とした放送エリアで、愛知・岐阜・三重県では名古屋の民放広域テレビ局と、各県のNHK・民放テレビ局を見ることになっています。放送事業は免許事業であり、このようなエリア区分は国が規定しています。

 しかし、名張市や三重県の伊賀地域ではこれまで名古屋のテレビはほとんど見られていませんでした。もちろんこれらの地域では名古屋のテレビ局が放送を流しているのですが、大阪のテレビの電波が飛んでくるために、ほとんどの家はそれを受信していたのです。通勤や買物に大阪へ出かけるこの地域の人にとっては、名古屋よりも大阪の情報が重要なのは明白です。

 これには問題が以前からありました。伊賀地方は正式には名古屋局のエリアになるために、ニュースとして扱われるのは名古屋局のみで、大阪局でこの地域のニュースが流されることはありませんでした。そこで地元住民は、大阪のテレビ局に伊賀の話題を扱って欲しいと陳情したこともありました。

 ところがです。もっと大きな問題が現在浮上しているのです。

 それはテレビ放送のデジタル化です。現在のアナログテレビ放送は2011(H23)年にデジタルへ完全移行することが決まっています。それ自体には何の問題も無いのですが、このデジタル化に合わせて、国はエリアの適正化を行おうとしている側面があります。つまり国は、正式なエリア外へはなるべく電波を漏れさせないようにしたいのです。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(26)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET