mobile ver.

三重テレビのアナウンサーによる写真展
(2005-05-03)

< ページ移動: 1 2 3 >

 三重県津市のアスト津・アストプラザギャラリー2で29日から5月1日まで開催された「三重テレビアナウンサー3人による素人写真展・写真は口ほどにモノを言う」に先月の30日、行ってきました。番組での告知で言っていたとおり、3人のアナウンサーは会場に常駐していて、いろいろとお話もすることができました。今回の写真展は三重テレビ自体とは全く関係が無く、あくまでも3人個人による写真展とのことでした。

写真

 アスト津に到着です。とりあえず地下の丼屋さんで食事を済ませ、5階のアストプラザギャラリー2へと向かいます。エスカレーターは4階までで、そこからは階段になります。人影が無く、本当にこっちで合ってるのかなぁと不安になります。

 5階に上ると、三重テレビのキャラクター「エムっとくん」のポスターがずらっと並べて貼ってある一角がありましたので、すぐにわかりました。受付には坊農アナウンサーが座っていました。外にはあまり人影がありませんでしたが、会場内は結構多くの人で賑わっていました。一色アナウンサーの姿もありました。立ち話をしていると、栗山アナウンサーもやってきました。

 まずは栗山さんの撮影した写真から見ていきます。栗山さんはライカのレンズを搭載した350万画素のデジタルカメラを使用。県内の風景から短期ホームスティをしたアメリカ・ロサンゼルスの風景まで、ふとした日常にカメラを向けたという視点で撮られたものが多かったです。取材で訪れた海、山、花畑。そしてロスの街では、マネキンを運ぶ人や、蛇を首に巻くことを見せてお金を集めている人などを自然に切り取っていました。ただ蛇を巻く男については、その男が携帯電話に出た瞬間を撮影し、お金は払わずにそそくさと立ち去ったそうです。やりますね。栗山さんの写真で注目は「セレブ街道」と題されたロデオドライブの写真。映画プリティーウーマンの舞台となったホテルが映っているのですが、その1階には「ミキモト」の真珠店が。「シネマクルーズ」という映画紹介番組を立ち上げてしまうほど映画好きであり、異国の地でも三重のこと忘れないという、栗山さんを表現した一枚でした。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET