mobile ver.

中京テレビが開局以来の本社移転・丘陵地から都心へ...自前の鉄塔は置き土産?
(2016-11-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 >

★中京テレビが丘陵地から都心へ全面移転
★開局以来のイメージチェンジ・合わせてロゴも変更
★現本社にある「東山タワー」に何やら動きが

 東京では、テレビ東京が11月7日に新本社へと移転します。1985(S60)年から31年間本社を置いた虎ノ門(神谷町)から六本木3丁目へ...といっても近所。現在の本社から直線距離で約500メートル、新本社は新しく建設されたビルに入居する格好となります。一方で、まったく違う場所に新たに建設した自前の新社屋に全面移転するのが、名古屋の中京テレビです。11月21日の予定です。

写真

 中京テレビは、他の名古屋のテレビ局が都心に局舎を構える中、名古屋の都心から離れた八事の小高い丘に構えた局舎から、1969(S44)年の開局以来ずっと放送を続けてきました。今回建設された新社屋は、名古屋駅から程近い笹島の大規模再開発エリア「ささしまライブ24」に立地。丘陵地の住宅街にあるテレビ局から、名駅に近い都心のテレビ局へ、大きくイメージが変わることとなります。

 そして、八事の中京テレビにはシンボルとなっている自前の電波塔があります。移転によってそれはどうなるのか...なんと、移転直前に大きな動きが。

写真

中京テレビが郊外にあった理由

 そもそも、名古屋の他のテレビ局がすべて中区や東区といった都心に本社構えているなかで、なぜ中京テレビは昭和区の丘陵地に本社を構えていたのでしょうか。これは、中京テレビが当初、「中京ユー・エッチ・エフ・テレビ」として設立されていることからわかります。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 >

コメント(1)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET