mobile ver.

放送局の枠を買い取って村のラジオ番組を放送・東白川村の重大なトピックスを全世界へ発信!
(2016-06-21)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★村発信の情報トークバラエティラジオ番組とは?
★村の毎月の重大ニュースがほのぼのすぎる
★お便り受付はハガキのみというアナログ感!だけどアプリで全世界で聴ける

 「今月の村のトピックス、第1位は...。2日間、村にピザーラの移動販売車がやってきた!」

 「これが1位なんです!そうなんです!村にとって、宅配ピザというのはすごい憧れなんですよ!でもね。村では...宅配じゃなかったのです。ピザーラなのに!取りに行かないといけなかったんです。ピザーラなのに。」

 「移動販売車だからね。でも、私なんて、2日連続でピザ食べましたよ!」

 こんな感じで、村民にとって重大な出来事を、村民の感覚で伝える、村のラジオ番組がこの春から岐阜県でスタートしました。しかもこれは、趣味やお遊びではなく、本物のラジオ局の放送枠を買い取って、公共の電波で「村」の実状を伝えるもの。時には真面目に、時には笑いを交え、さらには自虐ネタまで躊躇無く入れるトークバラエティなのです。

 アナログ感満載の「村のラジオ」。何が目的なのでしょうか。収録現場を取材しました。

写真

明治時代から一度も合併していない東白川村

 名古屋から高速道路を利用して車で45分のところにある、岐阜県中濃地域で古くから宿場町として栄えた美濃加茂市。さらにそこから、車を走らせること約1時間。標高1,000メートルほどの山々に囲まれ、美濃白川茶の発祥地として茶畑の広がる長閑な山村、それが東白川村です。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET