mobile ver.

お雛めぐりの目玉「ひなミッド」高さ4mの11段飾り!瀬戸蔵
(2015-02-18)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★その数なんと約1,000体!陶器・磁器・ガラスの創作雛がずらり
★吹き抜けの上からは長さ6メートルのつるしびな
★3月8日(日)まで瀬戸市の瀬戸蔵で

 せとものの街、瀬戸市でこの季節に毎年開かれているのが「陶のまち瀬戸のお雛めぐり」。展示されているお雛さまをめぐるイベントは各地で開かれていますが、やはり瀬戸は陶器の街ですから、陶雛が中心となります。なかでも目玉なのが、まるでピラミッドのような雛飾り「ひなミッド」。今年も大迫力の姿を見に多くの方が訪れています。

 今年初節句を迎える娘と一緒に見に行ってきました。と言いましても、まだ5ヶ月ですので本人は何のことやらでしょうけれどもね。

写真

瀬戸の観光はまずここから!「瀬戸蔵」

 今から10年前。瀬戸が大変身したのが2005(H17)年です。熱心に誘致活動をしたものの、結果的にはメイン会場を隣町に取られてしまった「愛・地球博」。駅前のホテル計画が頓挫して消滅したり、高架道路の環状線建設が見送られるなど、絵に描いた餅がどんどん絵で終わっていく中、実現したのが「瀬戸蔵」です。

 かつて瀬戸市民会館があった、国鉄記念橋駅の南側。それまで、せとものの瀬戸に来ても、瀬戸の街自体を紹介する施設が見当たらない状態だったところに、観光の拠点施設として2005(H17)年1月にオープン。1階には地元作家の作品が並ぶショップ「瀬戸蔵セラミックプラザ」や喫茶、レストラン、2階には瀬戸蔵ミュージアムがあります。

 そんな瀬戸蔵に、この時期たくさんの人がやってくるお目当て、それが「ひなミッド」です。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(1)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET