mobile ver.

尾張発ギターユニット「OverLife」単独ライブ密着レポ
(2013-10-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★ポップであたたかいサウンドの2人組
★OverLifeの地元と人と人の繋がりへの思い
★尾張で暮らすライフスタイルを音にして全国へ

 豊山町、小牧市、春日井市、犬山市、瀬戸市など、名古屋の北部に広がる尾張地域に縁のある、2人組のギターユニット「OverLife」。路上ライブから始まり、各地でのライブ参加を経て先日、春日井にて単独ライブを開催。その様子を密着取材させていただきました。

 ご当地アイドルやご当地パフォーマーが氾濫している今の時代に、本当の意味での地元アーティストとは何か。それを模索しながら、この尾張地域で表現し続ける若い2人を追います。

写真

OverLifeとはどんな2人組なのか

 OverLifeは、増田翔太さん、丹羽真也さんの2人によるギターユニットで、高校生の頃から一緒にバンドを組んだりと音楽活動をはじめ、2008(H20)年に現在のユニット名である「OverLife」となり、路上ライブなど精力的な活動をスタートさせます。

 その後はライブハウスでの演奏を重ね、2011(H23)年にはコンピレーションアルバムにて「味美駅」というタイトルの曲を発売。昨年にはオリジナル1stアルバム「駆け込み乗車」を、そして今年3月にはオリジナル1stシングル「君のために 僕のために」を発売し、活動の幅を広げています。

 尾張地域を中心に各地で演奏を行っており、昨年は犬山市、日進市、名古屋市、瀬戸市など各地のお祭りや催事でその歌を披露。なかには、TKJ東海交通事業の城北線車内での演奏といった変り種も。今年に入ってからも一宮市や犬山市、小牧市など各地のお祭りやイベントを盛り上げ、さらに、尾張発祥のショッピングセンターといえば「ユニー」ですが、そのユニーのアピタやピアゴでのイベントにも引っ張り凧となっています。

 そんな地元愛あふれる2人がこの9月に、Kujack Music Companyの主催によって、ワンマンでコンサートです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET