mobile ver.

斬新!映画館で津軽三味線ライブ-シアターオブ山口晃司2
(2013-09-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★名古屋から世界へ「津軽三味線界の若き獅子」山口晃司さん
★ライブ会場はなんと映画館!
★映画館を使った斬新な演出&地元愛溢れる構成

 名古屋を拠点に、世界で演奏活動を展開している津軽三味線奏者の山口晃司さんが、映画館でライブをするという「シアター・オブ・山口晃司」。その第2弾となった9月6日(金)の公演に行ってきました。その企画を初めて耳にしたときには「映画館でライブ?」という違和感を感じたのですが、見終わったときには全てを理解できました。見せる側にも、見る側にとっても、映画館ならではの多くの理由がありました。今回は、イオンシネマ大高で開催されましたそのライブのもようをレポートします。

写真

ライブ直前インタビュー

 伝統芸能である津軽三味線のライブを、なぜ映画館で行うのか、そこには山口晃司さんの強い思いが。今回はなんと、トッピーネットとしてリハーサルのもようを取材させていただいたうえに、ライブ直前にご本人へのインタビューもさせていただくことができました。

 本番直前、リハーサル中の会場に入らせていただきますと、ピーンと張り詰めた空気。多くのスタッフと山口晃司さんが一体となって進行を確認。緊張感が体中に伝わってきます。「よりよいものを作りたい」その思いが突き刺さるかのようでした。その合間にお話を伺うことができました。

写真

なぜ映画館でコンサートなのでしょうか?

 キーワードは「和の音色とスクリーンの迫力」。生演奏を間近に感じてもらえるだけでなく、その音色とスクリーンが融合して迫力を感じて欲しいという点と、「まるで飛び出す3Dのような、実際に飛び出したかのような躍動感を感じて欲しい」スクリーンを生かすことで、その中で演奏しているかのような錯覚から、実際にそこにいるという臨場感を味わって欲しいというお話だったのですが、実は私、この時点ではそのスクリーンという部分の想像力が足りませんでした。実際にライブを見て、想像を超えた迫力に度肝を抜かれることになります。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET