mobile ver.

8月3日に半田の新名物誕生!ご当地グルコン料理審査会
(2013-07-23)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★醸造の街・半田市で子どもたち考案レシピのグルメコンテスト開催
★165もの応募から入賞した7品を試作・審査
★8月3日(土)の「summerフェスティバル」でお値打ちに販売!

 ここ最近「ご当地グルメ」がブームになっていますが、やはり「ご当地」というからには、食べる側にとっても、その地域ならではの特徴を生かしたレシピであってほしいですよね。

 名古屋をはじめこの地方の名物料理は、たまり醤油、八丁味噌といった醸造製品が使われることが多いですが、「蔵のまち半田」と呼ばれるほどに、その醸造を支えているのが知多半島の半田市です。

 そんな半田市で今、地元の醸造製品を使ったグルメコンテストが開催されており、近々入賞料理が商品化されてイベントで販売されるというのです。そこのコンテストの審査会場を取材させていただき、また、一足先に試食させていただきましたので、今回はその模様をお届けします!どれも8月3日(土)に食べることができますし、なんと、食べると豪華賞品が当たるチャンスも。

写真

未来のシェフたちが奮闘!

 今回の「ご当地グルコン!グルメコンテストin半田」は、半田商工会議所創立120周年記念事業として開催されているもので、新美南吉生誕100年とあわせて、この夏半田を盛り上げる事業のひとつになっています。

 7月上旬まで、半田市内の小・中学校・高校に通学する生徒、その親子からレシピの応募を受けつけ、応募総数はなんと165。料理のプロによるレシピ選考が行われ、その165のレシピのなかから7つが入賞を果たしました。

写真

地元の醸造商品を使ってレシピ実現

 ただひとつ、レシピには条件がありまして、泉万醸造、キッコウトミ、澤田酒造、中埜酒造、中利、原田酒造、丸一酒造、三井酢店、ミツカングループ本社、盛田、盛田金しゃち酒造、ヤマミ醸造(50音順)これら地元の醸造会社の商品を必ず使うこととなっています。やはり、ご当地グルメというからには、ご当地の要素があってこそですものね。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET