mobile ver.

年に一度のぎふチャンラジオ祭り開催!
(2012-10-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

★パーソナリティ大集合
★ぎふチャンラジオのリスナーも大集合
★もちろん岐阜新聞岐阜放送の会長も登場!

 新聞・AMラジオ・テレビと、岐阜県内最強の媒体力を自称し、メディアミックスを展開する「岐阜新聞・岐阜放送グループ」。名古屋からの中日パワーを跳ね除け、名古屋色に染まらない、「ふるさとを愛しましょうI LOVE 岐阜」を貫くその姿は、まさに岐阜アイデンティティ。

 なかでもAMラジオ媒体である「ぎふチャンラジオ」は、現在の岐阜新聞岐阜放送の会長である杉山さんが立ち上げたものであり、会長のラジオへの思い入れは半端なものではありません。

 そんなぎふチャンラジオが年に一度、送り手と受け手が一堂に会したイベントを行います。それが、先月行われた「ぎふチャンラジオ祭り」です。いつもはその様子をラジオで聞くだけでしたが、今年は行ってきました!

写真

会場はやっぱりじゅうろくプラザ

 やってきましたのはJR岐阜駅前。岐阜放送の本社が入居する「岐阜シティ・タワー43」の横にある「じゅうろくプラザ」が会場です。そう、岐阜と言えばやっぱり十六ですよね。岐阜放送と十六銀行の関係は密接です。年末の特番では、十六銀行の偉いさんが歌を歌い、その横でテラーの女性が手拍子を打つ姿も恒例です。

写真

 ではさっそく、会場に入ってみましょう。今年のぎふチャンラジオ祭りは、ぎふチャン開局50年ということもあり、いつもより大々的にPRされました。テーマは「みんなで大感動」。ぎふ清流国体・ぎふ清流大会の開催にあわせて、スポーツがメインイベント。パーソナリティとリスナーが体を動かすという趣向になっていました。

パーソナリティからシールをもらおう

 11時の放送開始を前に、ロビーにはすごい人。番組最後にはビンゴの企画がありまして、そのためには、まずビンゴカードを自分で作らないといけないというルールになっていました。

 そのビンゴカードというのが、マス目だけが仕切ってある用紙で、そこに、パーソナリティからシールをもらって、マス目に貼り付けてはじめてカードが完成するというもの。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET