mobile ver.

鉄道模型からワンセグ放送-丸栄第8回鉄道模型展
(2011-05-04)

< ページ移動: 1 2 3 >

★大型連休恒例の鉄道模型展に行ってきました
★ミニでも蒸気機関
★マスプロ電工による鉄道と放送の融合はさらに

 毎年、この大型連休の時期に名古屋・丸栄百貨店で開催される「鉄道模型展」に行ってきました。今年で8回目を迎えるこの催しですが、今年は震災の影響によって近場でのレジャーに人が流れたためか、例年よりも盛況で多くの人で賑わっていました。

 この鉄道模型展には、鉄道模型メーカー、大学の鉄道研究会、企業の鉄道サークルなど、様々な団体が出展を行っているのですが、私のような放送クラスタにとって一番気になるのは、マスプロ電工のブース。昨年は、鉄ちゃんと放送マニアの融合を模型そのもので見せてくれましたが、果たして今年は...。

写真

屋上で走るミニ蒸気機関車

 鉄道模型展は8階催事場で開かれていたのですが、1日と3日と4日に限って、屋上の特設会場にて「地元大学鉄道研究会によるミニSLとミニ電車乗車会」が開かれていました。その乗車会の横で、これまたミニミニSLが走っていまして、これが見ているだけでも面白かったです。

 もちろん、燃料は石炭ではありませんが、蒸気で走ってるんですよこれが。スピードが結構出ていたことに驚くとともに、音が良かったですね〜。私にはその記憶はないはずなのですが、どこか懐かしい、癒される音でした。

写真

すごい賑わい

 ミニミニSLを堪能したところで、8階の特設会場へ。今年からはトランパス利用による割引サービスがなくなった一方で、これまでは全期間通し券しか無かったものが、当日だけ入れる「当日券」が設けられたことで、事実上安く入場できるようになりました。

 それにしても今年は人出が多かったです。たまたまそういうタイミングで訪れただけかもしれませんけどね。各メーカー、新しい車両が投入されていたり、ジオラマ自体にも東京スカイツリーが登場するなど、同じようで進化しているところが見逃せません。その一方で、夜景のジオラマが無くなっていたのが少し寂しかったです。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET