mobile ver.

いちご狩り食べ放題バスツアーまさかのミスマッチ!
(2011-03-25)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★八丁味噌とえびせんべいまではまだ良かった
★いちご狩り食べ放題衝撃の展開
★帰路ようやく気づいた最高な場違い感

 最近、はやってますよねバスツアー。

 いくつかの名古屋ローカルのテレビ番組でも、よく紹介されていまして、個人で行く場合と比べてのその価格設定に驚くとともに、運転しなくていい、乗ってるだけであちこち連れて行ってくれる楽チンさは魅力的です。

 そんな流行に乗ってみよう!ということで、季節柄「いちご狩り食べ放題バスツアー」に申し込んでみました。いちご狩りへ行くついでに、八丁味噌工場やえびせんべい工場の見学、アウトレットモールでのショッピングタイムもついているということで、おトク感あるな!と思っての申し込みだったのですが、まさか、あんな衝撃の展開になるとは。

写真

間違えられちゃったよ

 ええ、バスに乗った時点で、薄々何か感じたことは感じたんです。そう、平均年齢の高さ。

 おじさんおばさん世代、いや、団塊の世代くらいの人の参加が多いかな...くらいは全然想定していたんです。ところが実際は、その予想をはるか越え、平均年齢が70代より上なんじゃないかと思える車内の空気。私たち、明らかに存在浮きまくりでした。

 最初にやってきましたのは、岡崎市の「まるや八丁味噌」。八丁味噌は、岡崎城から西へ8町離れた場所で作られたことから名付けられたもので、現在その場所では「カクキュー」とこの「まるや」の2軒のみが製造を続けています。

 今から5年前にNHKで放送された、連続テレビ小説「純情きらり」の舞台になったところですね。

 まるや八丁味噌の創業は1337(延元2)年。大桶の上に石が詰まれた工場内の風景は、実際に見たことはなくとも、名古屋っ子なら一度は写真やテレビで見たことのあるものですよね。でも、あの石、うまく高く積み上げられるようにと、いくつかの種類があるとは、知りませんでした。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET