mobile ver.

7年ぶりに公開・若い太陽の塔−日本モンキーパーク
(2010-04-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

★7年ぶりに公開された「若い太陽の塔」とは
★大阪万博の1年前に作られた
★朽ちていくものが多すぎる50周年

 以前から、日本モンキーパークを訪れる際に気になっていたのが、大阪万博の太陽の塔に似たシンボルタワーの姿です。ガイドマップを見ても、その塔のイラストは小さく描かれているものの、名前すら明記されておらず、もちろん、行き方も記されていなければ、塔の場所への道すら描かれていませんでした。

 その塔が、7年ぶりに一般公開されると聞き、このエリアをホームグラウンドとしていて、私よりも詳しい相方とともに、日本モンキーパークへと行ってきました。それはオマージュでもリスペクトでもなく、それどころか、大阪万博の先輩格に当たるものだったのです。

写真

7年ぶりの公開

 今回、7年ぶりの公開となった「若い太陽の塔」。老朽化が激しく、公開といっても自由に見られるわけではなく、1日2〜3回設定された集合時間に希望者が集まって、係員の方に引率される形での見学でした。

 集合場所は、大魔境というお化け屋敷の前の休憩所。相方の情報によりますと、この大魔境は乗り物に乗ってまわるお化け屋敷で、設置された当時はかなり画期的なものだったそうです。

 そんな大魔境の横には「立入禁止」と書かれたゲートがあり、その奥にひっそりと「若い太陽の塔」の姿を見ることができます。

写真

いざ立入禁止エリアへ

 集合時間、あいにくの天気の中、私たちを含め十数人が集まりました。平日でこの天気にもかかわらず、これだけの人数が集まることからも、注目度の高さがわかります。

 係員の手によって、重い「立入禁止」のゲートが開きます。2003(H15)年の冬までは自由にこの通路に入ることができ、その先には、若い太陽の塔とバーベキュー場があり、係員の説明によりますと「活気づいていた」とのことです。

 活気づいていたのに、なぜ閉鎖となってしまったのか?という質問は不粋です。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET