mobile ver.

名古屋は決して排他的ではない−新世紀名古屋城博(3)
(2005-04-20)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 新世紀・名古屋城博のお話も3回目になりました。今回は食べて、イベントを見て、お花見をします。本丸の南側には「城下町二の丸通り」の飲食の部があります。ここではみそかつ、てんむす、味噌煮込みうどん、きしめん、ひつまぶし、菜めし田楽、五平餅、お好み焼きなど名古屋グルメのお店がずらり8店舗並んでいます。値段もそれほど高くなく良心的です。ひつまぶしも1000円で食べられます。どこかの博覧会のように2500円なんてことはありません。まずは名古屋で有名な天むすのお店「地雷也」で天むすを買いました。すると相方が「冷やしきしめん」を見つけました。「きしめんころ」ではなく「冷やしきしめん」というところが珍しい。冷やしのきしめんは私も初めてなので「かどせん」でさっそく買います。

「これ、本当にころじゃないね。冷やしだね。」

 と言うと相方は「?」な様子。どうやら「ころ」を知らないらしい...。「きしめんころ」は、冷たいきしめんがざるきしめんのつゆに浸かっているもの。そしてこの冷やしは、冷たいきしめんつゆにきしめんが浸かっているものです。似て非なり。味は全然違います。冷やしは当然ころよりも味が薄いので、麺の味が舌に直球で来ます。これは相当麺に自信のあるお店で無いと普通は出せません。そして天むすにはやっぱり「きゃらぶき」です。これが無ければ天むすでは無いと言っていい程の必需品です。天むすは作りおきだったのが残念。作りたてだったらもっと美味しいんでしょうけどね...。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET