mobile ver.

よみがえる金シャチ伝説って?−新世紀名古屋城博(1)
(2005-04-18)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 少し前の話になります。桜の季節がやってくると私は例年、名古屋城の桜を見に行きます。桃色の花びらのなかにチラチラと見える金のシャチホコに風雅の趣を感じます。私の中に流れる名古屋っ子の血がそう思わせるのでしょうか。さて、今年はいつもと違い、お花見だけでなくもうひとつの目的を持って名古屋城に行くことにしました。名古屋城では、愛・地球博に合わせて3月19日から6月19日まで「新世紀・名古屋城博〜よみがえる金シャチ伝説〜」が開催されています。博覧会の目玉は、いつもは天守閣の上にある金シャチに直接触れるというもの。そんな機会は滅多にありません。私は興味津々なのですが、相方は名古屋っ子では無いので特に金シャチに思い入れがありません。でもお花見を兼ねてなら...ということで一緒に行くことにしました。相方はまず正門で驚きます。

 西の丸正門に到着です。正門前のお堀には両側から桜が垂れ下がるように咲き誇っています。名古屋城の入城料金は500円です。愛・地球博の入場券を見せると400円(小人は100円→80円)に割引されるのですが...それはこの新世紀名古屋城博が終わった後の話です。名古屋城博期間中は大人1000円、小人300円、65歳以上700円で、しかも愛・地球博の入場券呈示による割引は行っていません。ややこしいですし、何かこう必死な感じがします。どうして必死なのか。名古屋城はお金集めに必死なわけがあります。それは追々わかります。相方が驚いたのはその入城料金にではありません。「金シャチドーム待ち時間○○分」という看板に驚いたのです。

「金シャチを触るのに待ち時間ができるなんてことがあるの?」

 相方は、まだまだ名古屋っ子にとって金シャチがどういう存在であるかを理解できていないようです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET