mobile ver.

名古屋港開港100年に登場!ポータン
(2007-02-14)

< ページ移動: 1 2 3 >

 名古屋港の金城ふ頭で進められていたアウトレットモール計画が白紙撤回になったり、かつては金シャチの形をした船が運航していた、名鉄海上観光船による名古屋港内遊覧船事業が長年の営業を終了したりと、名古屋港に関する寂しいニュースが相次いでいます。このような話を聞きますと、名古屋港はどうしても東京や大阪、そして横浜のベイエリアに比べて地味な印象を拭えない面がありますが、実は名古屋港は日本一の港なのです。名古屋港の輸出入総額は6年連続の1位。そして臨港地区の面積も日本一です。もちろん、輸出のほとんどは自動車や自動車部品が占めています。そんなレジャーや観光よりも実用重視の名古屋港は今年、メモリアルイヤーを迎えます。

写真

 名古屋港が開港したのは1907(M40)年。今からちょうど100年前のことです。地下鉄名港線の名古屋港駅を降り、水上警察署の前を歩くとそこに一人の銅像があります。奥田助七郎氏です。奥田氏は名古屋港の工事責任者で、反対運動と戦い40年の月日をこの名古屋港開港に注いだ人物です。名古屋港の父と呼ばれています。それから100年。今年は名古屋港開港100周年を記念して「これからも明るい名古屋は港から」というキャッチフレーズのもと、名古屋港ではさまざまなイベントが企画されています。

写真

 名古屋港開港100周年記念事業は、新たなキャラクター「ポータン」のお目見えで幕を開けました。最近はゆるキャラブームでもありますし、イベントにマスコットキャラクターを設定するのは戦略として間違っていないと思います。ポータンは船止めのボラードを擬人化したもので、名前は公募で決められました。ポーはもちろんポートのポー。そしてタンは親しみやすさを表現しているのだとか。確かに最近は何でもかわいいもの、特に女の子のキャラに「タン」をつける傾向がありますからね。とはいえポータンは萌え系キャラというわけではありません。性別は不詳ですが。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET