mobile ver.

妖怪フェスティバルinドーム−恐怖と畏怖とそして神秘
(2008-08-26)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

 ナゴヤドームにこの夏、妖怪が出没する...というわけで、8月20日から27日まで、東海テレビ放送開局50周年記念イベントとして開かれている「妖怪フェスティバルinドーム」に行ってきました。当初は初日に行こうと思っていたのですが、思わぬ家族の入院で行けなくなってしまい、退院して落ち着いた26日の火曜日に行ってきました。

 実はこの夏、私は鳥取県境港市の水木しげる(先生)ロードに行ってきまして、妖怪まみれになってきたところでしたので、まさに妖怪の夏!となりました。

 妖怪といえば鬼太郎。今年も映画が公開されて人気なんですけど、私はどこかやっぱり妖怪に対して怖いという思いを抱いているのです。しかし今回はあえて一人で行ってきました。ナゴヤドームですし、そんなにたいしたことは...と思いながら一歩足を踏み入れると...。

写真

どうしちゃったのナゴヤドーム

 いつものナゴヤドームとは全く趣が違います。全体がほの暗い...。でもまあ、夏休みということで子どもたちの姿も多く、結構賑やかです。足元に気をつけながらフィールドへ。

写真

 会場のあちこちに、泥田坊、ガシャドクロ、八日市のいましめ妖怪「がおう」などのオブジェが。やっぱり、イベントとはいえちょっと怖い。

 でもちょっと待てよ。いましめの妖怪に対して怖いという感情を抱いてしまうということは、今の自分自身の生き方に後ろめたさを感じているということか...。こ、怖くなんかないや!

写真

上空から見下ろすオヤジさん

 会場でひときわ目立っているのが、空中に浮いている大凧「妖怪地大凧」です。これは2004(H16)年に滋賀県八日市市(現・東近江市)で開催された「第9回世界妖怪会議」において、開催成功を祈念して制作されたもので、八日市大凧にちなんで妖怪地大凧と名づけられ、水木しげる先生によるデザインとなっています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET