mobile ver.

超高音質!大迫力!の...盆踊り!?−第33回共長夏まつり
(2008-07-31)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 夏真っ盛り。週末の夜ともなると、地元の盆踊りの音が聞こえてきたりして、思わず出かけたくなりますよね。りんごあめにフランクフルト、金魚すくいに輪なげなど、様々な出店にワクワクします。組み立てられた櫓の上では浴衣姿の人々が踊り、ちょうちんが吊り下げられ、トランペットスピーカーからはやたらと軽い音で定番の炭坑節が聞こえてくる...。というのがいわゆる普通の盆踊りなのですが...。

 愛知県大府市に、それらの定番を覆す、とてもパワフルな盆踊り大会があると聞き、行ってきました。踊る人の数、踊る内容、さらには驚愕の大迫力と、思わず目から鱗が落ちた「共長夏まつり」。こんな盆踊り見たことない!?

写真

「大府市共和駅前」

 やってきたのは、JR東海道本線の共和駅。名古屋駅からわずか17分、近くに巨大ショッピングセンターがオープンしたり、交通の要衝でもあることから、ここ最近は人気の住居エリアとしてスポットを浴びています。とはいえ、大府の共和駅と聞いたら、やっぱり思い出すのはアレですよね。

 テレビCMでおなじみ「大府市共和駅前・宝石の八神」です。

 名古屋で宝飾店のテレビCMと言いますと、親子3代が登場する「名古屋清水口・美宝堂」を思い浮かべる方も多いでしょうが、八神は知名度で双璧を成すと言ってもおかしくないお店です。しかし、八神は受け狙いのCMをするわけでもなく、格調の高いCMで「正規販売店」をキーワードに正統派なイメージを植えつけているので、美宝堂とは方向性は正反対です。たぶん、客層も全く違うのだろうなぁ...。

写真

地域のキャラ「にこっぱ」

 そんな八神のある共和商店街には、マスコットキャラクターがいます。以前、共和駅前には愛・地球博のキャラクター「モリゾー・キッコロ」が飾られていたのですが、撤去されてしまい、その寂しさをまぎらわすために、オリジナルキャラの「にこっぱ」が作られました。

 大口を開けたひまわりのような太陽をモチーフとしていますが、「安値世界一への挑戦!」でもありませんし、「♪パッパッパッパァ〜パソコンヤ」でもありませんし、「もしもしあたし〜、今、ウッ、ウッン、ごめん、喉の調子が悪くて...エヘン虫にやられましたねぇ。」でもありません。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET