mobile ver.

鉄道好きだけのためのものじゃない−丸栄・鉄道模型展
(2008-05-11)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 毎年この時期に開かれていて、丸栄百貨店の恒例イベントとなっているのが「鉄道模型展」です。私はマニア性分がある割には、幼いころから鉄道沿線に住んでいなかったせいか、鉄道にはあまり興味が無く、このイベントについても設営ドキュメントをテレビで見たにもかかわらず、行こうとは思っていませんでした。

 ところが、友人と栄で食事をする際に、「券があるけど行く?」と誘われ、せっかくだからということで行ってきました。実物を見てびっくり!鉄道模型がこんなに奥が深い趣味だったとは。

写真

催事場の入場券は定期券

 丸栄の鉄道模型展は今年で5回目。丸栄の会社設立65周年記念イベントとなっていました。入場料は600円(中高生400円)なのですが、入場券は定期券タイプとなっていて期間中何度でも入場が可能でした。しかも定期券タイプというのはシステム面だけでなく、実際に入場券が定期券を模したデザインとなっていまして、かなり細かい。

 丸栄限定のBトレイン1両付のプレミアム入場券(1,200円)というのがあったらしいのですが、早々に売り切れたようでした。

写真

トミックスNゲージジオラマ

 会場には4つの集合式レイアウトがありまして、会場に入ってまず目にとまるのが、トミックス(TOMIX)のNゲージジオラマです。Nゲージとは、線路の幅が9ミリの鉄道模型規格のものです。

 ドクターイエロー(新幹線電気軌道総合試験車)が颯爽と走っていきます。鉄道知識の薄い私でも、さすがにこれの貴重さはわかります。毎月新幹線に乗っていた時期がありましたけど、見かけたことはなかったなぁ。ほかにも新幹線がたくさん。

写真

トミックス夜景ジオラマ

 トミックスはもうひとつジオラマを出していまして、何だかその一角が暗くなっています。何だ?と思ったらそれは夜景ジオラマ。車両の車内灯もついていますし、建物もライトアップされています。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET