mobile ver.

全国からゆるキャラ大集合−キャラクターサミット
(2006-10-09)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 7日(土)、名古屋・栄の「オアシス21」で「キャラクターサミット2006」というイベントが開催されました。名古屋のテレビ局のキャラクターと、日本全国から集まったゆるキャラが一同に会しました。テレビ局のキャラクターについては先日取り上げましたので今回は、全国からやってきた、愛くるしいものからなんじゃそりゃというものまで、様々なキャラクターたちをご紹介していきます。北は東北から南は四国まで。なかには哀愁漂う生い立ちのキャラも...。

写真

 まずは東北から、スイカのキャラは山形県尾花沢町の「もとなりくん」です。スイカのくせに右手にスイカを持ちながら食べ、口から種を飛ばしています。明るい表情をしていますが、実は彼は捨てられる運命にあるスイカなのです。スイカというのは、最初になった実は形がいびつで皮が厚いことから商品にならないということで捨てられてしまうのだそうで、それを「もとなりスイカ」と呼ぶのだそうです。そして2番目以降は形が良くなり市場に出回るということです。でも味はもとなりくんがピカイチで長持ち。好きな言葉は「勇気100%」。外見ではなく中身を重視しようと彼は訴えているとのことです。

 続いて長野県原村のセロリン。八ヶ岳西山麓にある原村はセロリ生産量日本一。中央道を走っていますと「中央道原」というパーキングエリアがあるあたりです。元テレビキャスターの小林節子さんはこの村に魅せられ移住を決意してしまったというほどのところで、星の降る里としても知られています。

 続いて愛知県豊橋市のトヨッキー。漢字の「豊」という文字をモチーフにしています。本名は「ホの国ヨシダ」だそうです。彼のすごいところは顔も手も風船というところです。とても元気で暴れまわっていました。手が風船なのを良いことに、子どもたちにパンチをくらわしていました。時間が経過するごとに少しずつしぼんでいたのはきっと気のせい。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET