mobile ver.

手と手を取り合う日本ライン夏まつり納涼花火大会
(2006-08-14)

< ページ移動: 1 2 3 >

 前回の記事では、岐阜と愛知が意地を張り合う長良川の花火大会について書きましたが、今回は対照的に、岐阜と愛知が手を取り合って開催する花火大会に行ってきましたのでご紹介します。毎年8月10日に日本ラインと呼ばれる木曽川に架かる、犬山橋とライン大橋の間で開催される「日本ライン夏まつり納涼花火大会」です。今回で第27回を数えます。国宝犬山城をバックに大輪の花火を見ることができます。3000発と数は少ないのですが、この花火大会には大変面白い特徴があります。

写真

 花火大会が始まるまで、拡声スピーカーではふたつの市長のメッセージが流されます。ふたつの市とは、木曽川を挟んで両側にある愛知県犬山市と岐阜県各務原市です。この日本ライン夏まつり納涼花火大会は、犬山市と各務原市の共催なのです。そのためか、花火自体も木曽川の中央、県境に浮かべられた4艘の船から打ち上げられるのです。それにより、他の花火大会ではあまり見られないオモシロイものが見られるのです。

写真

 花火大会は午後7時半から8時半の1時間に渡って行われ、それぞれの船から順番に花火が打ち上げられるのですが、クライマックスでは4艘全ての船から一斉に連続して花火が打ち上げられます。大迫力です。この花火大会で見られるオモシロイものというのは、花火師さんのやりとりです。船の上で花火を上げるので、それぞれの船に乗った花火師さん同士が、ペンライトで指示を出し合うのですが、川岸から見ているとその様子が見られるのです。そして点火、打ち上げの瞬間も目の当たりにすることができるのです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET