mobile ver.

FM LOVEARTHが復活?市民大交流フェスタ
(2006-06-25)

< ページ移動: 1 2 3 >

 昨年開かれた万博が会期のちょうど折り返し地点を迎えた、6月25日から1年が経過しました。その6月24日と25日に、名古屋・栄の久屋大通公園で「市民大交流フェスタ〜育てよう!愛・地球博の種〜」が開かれました。あの万博公式FM局「FM LOVEARTH」復活イベントもあると聞き、24日に出かけてきました。

写真

 北側のエンゼル広場には、小さなステージとブースがいくつか設けられ、万博をきっかけにして生まれた団体などが展示を行っていました。「市民プロジェクトゾーン」では、電気自動車やアフリカの叡智など26のテーマで地球の授業が行われ、「地球市民村ゾーン」では万博会期中と同様にNPO、NGO団体が終結して開催当時の雰囲気が再現されました。「愛・地球博ボランティアセンターコーナー」は、万博でボランティアスタッフをされていた方々によるワークショップ、「愛・地球プラットフォームコーナー」では愛・地球博で生まれた出会いをネットワーク化して、世界の子どもたちにサッカーボールを贈るプロジェクトを紹介。「森の自然学校・里の自然学校コーナー」では、今は全国各地で活躍されている、万博会場のインタープリター(森の案内人)たちの様子を紹介していました。「EXPOエコマネーセンター」では、今も続くエコマネーを紹介。「エンゼルステージ」ではミニコンサートやインタビューが行われ、長久手会場の地球市民村や瀬戸会場のような雰囲気が再現されていました。

 一方、南側の久屋広場には大きな久屋ステージが設けられ、様々なステージイベントが展開されました。それは後ほどご紹介するとしまして、久屋広場ではそのステージを取り囲むように、3つのワークショップゾーンが設けられました。「地球市民村ゾーン」では海の自然や飢餓の問題を考えるプログラムを。「市民プロジェクトゾーン」では、織物やクラフト体験など。そして「森・里の自然学校ゾーン」では、この久屋大通公園をインタープリターと一緒に回るプログラムを実施。名古屋は都心にも自然が溢れていることを実感できる内容となっていました。

写真

 久屋ステージでは、24日午前10時からオープニングセレモニーが開かれ、万博と言えばやはりあの人たち。森に帰ったはずが、閉幕後も大忙しのモリゾーとキッコロが登場です。ステージの司会を担当されたのは、佐野瑛厘さんと上野規行さん。そう、この二人といえば万博公式FM局「FM LOVEARTH」です。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET