mobile ver.

ねこのダヤンの原画展
(2005-05-14)

< ページ移動: 1 2 3 >

 5月3日から8日まで、名古屋・栄の松坂屋本店で開催された、池田あきこさんの原画展に行ってきました。今回の「池田あきこ原画展〜ダヤンとわちふぃーるど物語」は、池田あきこさんの第2回原画展という位置付けになっていて、昨年6月に大阪高島屋をスタートして全国で開催されています。第1回の展示会から5年の月日が流れ、その間に池田さんは200点以上の作品を描かれています。今回の展示会では書籍の原画の他に、ジオラマや未発表の巨大な油絵も展示されるとのことで出かけてきました。

写真

 池田先生といえばやはり「ねこのダヤン」。しかし私がはじめて池田先生の絵と出会ったのは別の作品でした。私がまだ高校生だった1992(H4)年、誰だったかははっきりと覚えていないのですが、クラスの友達に薦められたテレビ番組がありました。それは中京テレビで夜中にひっそりと放送されていた「ヨーヨーの猫つまみ」という5分番組でした。実質は2分程度のあまり動かないアニメで、毎回ヨーヨーという猫のおじさんが料理を一品紹介してくれる内容で、ちゃんとレシピの紹介もあり、アニメ版3分クッキングという感じのものでした。

 それだけなら特に印象には残らなかったでしょうが、ココという白い猫がとっても可愛く、またBGMといい世界観といいとても心地良くて、夜中のまったりとした雰囲気とマッチしてすごくいい気分になれる時間でした。しかも料理の絵がとても美味しそうで、放送されていた夜中の2時や3時にはお腹にぐっときました。でも、当時はその作者を気にしたことはありませんでした。

 時は流れ私は大学生になりました。そして相方が教えてくれたのが「ねこのダヤン」でした。私は以前からカワイイもの好きだったので、どこか怖さを感じるダヤンは、最初あまり好きではありませんでした。しかし相方が行きたいというので、1998(H10)年頃だったか、山梨県の河口湖にある池田先生の美術館に行きました。そこで私はダヤンが暮らす「わちふぃーるど」という世界観に引き込まれたのです。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET