mobile ver.

モリコロパークでジブリの大博覧会&思い出のマーニー×種田陽平展・愛知万博から10年に思う
(2015-10-21)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

★スタジオジブリの30年間を膨大な資料で振り返る
★思い出のマーニーの世界が実在するかのように目の前に
★愛知万博から10年!あの頃の自分にも会えました

 2005(H17)年に開催された「愛知万博(愛・地球博)」から10年が経ちました。当時の長久手会場跡は「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」として整備され、かつてその場所にあった愛知青少年公園と同じように、地元の人の憩いの公園に姿を変えていますが、万博の面影はいくつも残っています。

 そのうちのひとつが、映画「となりのトトロ」の世界観をそのまま造形物とした「サツキとメイの家」です。当初は、万博閉幕後は他の場所に移設するといった話もありましたが、逃げられることなくモリコロパークで10年を迎えました。

 となりのトトロといえば、スタジオジブリの代表作のひとつ。その世界が現実となっている場所で、愛知万博から10周年記念にふさわしい催しが開催されましたので行ってきました。

※展示場内の写真はありません。

写真

全国都市緑化あいちフェアの一環として

 愛知万博から10周年を記念して、2015(H27)年9月12日から11月8日(日)まで「第32回全国都市緑化あいちフェア」が開催され、その一環として愛知県と中日新聞社の主催で開催されたのが「ジブリの大博覧会〜ナウシカからマーニーまで〜」と「思い出のマーニー×種田陽平展」です。

 全国都市緑化あいちフェアは「もっと『花』を愛し、もっと『緑』の力を知ってもらう、愛・知フェア」として開催されたもので、愛知万博のテーマであった「自然の叡智」が10年間で暮らしの中でどう浸透したかを発信し、このモリコロパークを中心に「緑豊かな街づくり」がテーマ。

 期間中はモリコロパーク全体で、そんな花と緑を満喫できるイベントも満載なのですが、なかでも注目は「鏡の中の花畑」です。

 鏡によって地面の花畑が背後に映る形になっていて、正面から写真を撮ると、向こう側にも一面の花畑があるかのように見え、なおかつ自分の後姿は鏡に映らないように角度がつけられ、まるで花畑のなかにいるかのような写真になるというのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET