mobile ver.

日本五大名飯のひとつ可児の伝統「さよりめし」は今
(2013-10-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★「さより」は岐阜ではさよりの意味ではなかった
★宮内庁が選んだ日本五大名飯のひとつなのに
★ご当地グルメブームの今こそこれは!

 B級グルメをきっかけに、ご当地のメニューの街おこしが各地で盛んに行われていますよね。その土地伝統のメニューだったり、ちょっとこじつけだったり、はたまた全く関係ないものをこじつけていたり...。そのご当地メニューの鉱脈を探すべく、どの地域も苦労しているわけですが...。

 逆に、せっかく、かつて宮内庁に名物料理として認定されたメニューがあるにもかかわらず、活かしきれていないどころか、なかなか口にすることすらできないご当地グルメが岐阜県可児市にあると知り、今回、特別にいただくことができました。

 可児市の伝統グルメの名は「さよりめし」です。

写真

日本五大名飯とは?

 可児の「さよりめし」。これはかつて、1939(S14)年に宮内庁に「日本五大名飯」として指定されたという格式高い名物料理なのですが、私はこれまでその名を聞いたことはありません。一体どんなものなのでしょうか。

「日本五大名飯」とは、宮内庁が当時行った「全国郷土料理調査」において、日本を代表する郷土料理として選定されたものです。いわば、国がベスト5に選んだ、元祖ご当地グルメといえるものです。

 他の4つは...

深川めし(東京・江東区)...アサリのすまし汁でご飯にかけたもので、名物料理としていただけるほか、ギフト販売などもあります。

うずめめし(島根・津和野町)...しいたけ、ニンジン、高野豆腐などを賽の目にして味付けたものにご飯をのせ、薬味とともにだし汁をかけるもので、出すお店もあるほか、レシピ公開などもされています。

忠七めし(埼玉・小川町)...さらしネギ、わさび、柚子といった薬味をご飯にのせて、熱いつゆをかけて食べるもので、専門に提供する料理店や宿もあります。

かやくめし(大阪市)...もうこれはご当地グルメを脱皮して、炊き込みご飯として全国的にもメジャーな存在となっていますね。

 このように、日本五大名飯のうち4つは、今も各地で全国で名物料理として、その伝統と格式を生かして存在し続けているのですが...。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(3)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET