mobile ver.

名古屋近郊スタイル喫茶店の魅力-大府市・コスモス
(2013-09-08)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★名古屋スタイルモーニングのワンランク上とは
★チェーンの名古屋スタイル喫茶店とはまた違う味わい
★この文化はどこまで残ることができるか

 昔から、名古屋・岐阜の近郊にはどこにでもあって当たり前の存在である喫茶店。いまや名古屋名物として全国の人に知られるようになっただけでなく、大手チェーン店によって、そのスタイルは全国へと拡大しつつあります。オーソドックスでありながらも、名古屋っ子にとっては古くから親しみのある「名古屋スタイルの街の喫茶店」を今回はレポートします。

 やってきましたのは、大府市の喫茶店「コスモス」。モーニングとランチの時間は座席がいっぱいになるほどに地元の人に親しまれている一方で、それ以外の時間はその賑わいが嘘かのように落ち着きを見せるという、典型的な名古屋の喫茶店です。

写真

名古屋は喫茶店王国なのか?

 2009(H21)年のデータによりますと、都道府県別の喫茶店数は愛知県が全国2位です。3位が東京都ですから、東京よりも愛知の方が喫茶店が多いという数字に驚愕です。喫茶店に使うお金も名古屋市は全国2位。また人口あたりの喫茶店数、面積あたりの喫茶店数もそれぞれ愛知県は全国3位と、かなりハイレベルな数字を叩き出している一方で、喫茶店王国と言われつつも、肝心の1位はどれも取れてないあたりも名古屋らしいですね。

 名古屋の喫茶店といえばやっぱりモーニングサービスですよね。オープンすぐの朝イチで入ろうものなら、座席はすぐにびっしりと満席になってしまいます。ですので、あえてモーニングサービスが終わる午前10時半直前に訪れてました。

写真

モーニングサービスのコスパ

 名古屋のモーニングサービスといえば、コーヒーを注文しただけでいろいろついてくるわけですが、このコスモスでは、モーニングサービス「A」として、コーヒー単品価格と同じ300円で、コーヒーとゆでたまご、トーストをいただけます。このバターとジャムがポットで入ってくるところもいいですよね。かつては名古屋の大手チェーン喫茶店もそうだったのですが、扱いにくいのでしょうね、最近はあまり見かけなくなってきています。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET